ダイバー達の憧れパラオ旅行ガイド

パラオ旅行を検討中の人に


top
画像参照:Matt Kieffer

夏の長期休暇に海外旅行を検討している人に、是非オススメの旅行先がパラオです。
パラオはサンゴ礁に囲まれた数々の島からなる、ミクロネシアの小さな国で海外旅行先としても非常に人気が高い国です。
そこで抑えておきたい、パラオの観光ポイントについて説明します。

日本からのフライト時間は直行便だと約4時間30分程で到着します。
またグアムを経由するルートでは約5時間30分、ソウル経由の場合は約7時間20分程の乗り継ぎ時間が必要となります。パラオと
日本との時差は無いので過ごしやすいです。
パラオの気候は海洋性熱帯気候なので、高温多湿なのが特徴です。
1年を通じて温度変化は、あまりないのも特徴的です。

国のほとんどがロックアイランドと呼ばれる無人島で構成されておりその数は200程度あります。
コロール島とペリリュー島の間にあるロックアイランドは、2012年に世界遺産に登録されています。
しかし実際に人が住むのは10にも満たないと言われ、日本では経験出来ない異空間が存在しています。パラオは通年ダイビングシーズン。世界的にみてもパラオの海はダイバー達に人気の世界有数の海となります。

パラオで抑えておきたいパラオの観光ポイントとしては、サンゴ礁に囲まれた透明度の高い海でのダイビングやマリンアクティビティです。
美しい海には貴重な生物が生息していてダイビングや、シュノーケリングを目的にパラオへ訪れる人が多いです。

またカヤックなどを使ってのネイチャーツアーや、ジャングルに向けてのリバークルーズなども体験出来て人気となっています。
自然を満喫したい人にはピッタリの観光地なのですが、自然は保護されていて時間がゆったりと流れるような、リラックス体験が味わえます。
そしてパラオは親日的な国であるというのも有名で、日本人に好意的な人が多いのでとても過ごしやすいです。
他にも人気の観光スポットとしてはイルカと触れ合える、ドルフィンズ・パシフィックやパラオ最大の滝で水量や大きさなど、見る人を圧倒するガラスマオの滝などがあります。
もっとパラオを深く楽しみたいという人には空からロックアイランドなどの景観が楽しめる遊覧体験飛行や水に濡れることなく、グラスボートを使って懐中観察やロックアイランドを、遊覧クルーズ出来る海底遊覧船なども用意されています。
多くの自然を残しながら観光のインフラが、整備されていて宿泊するホテルなども数多くあり近代的なホテルから、自然の素材を活かしたこだわり空間のホテルなどがあります。

ホテル予約サイト

ハワイ 宿泊 ホテル 検索 | シンガポール 宿泊 ホテル 検索 |グアム 宿泊 ホテル 検索